就活名刺の作成で業者への依頼

名刺作成業者に依頼する

就職活動用に名刺を作成するには、どのようなデザインが好ましいのでしょうか。

プライベートであれば、可愛いデザインでもいいのですが、就活用では論外でしょう。就活=社会への第一歩であることからも、ビジネスとしてのデザインに着目するといいでしょう。

名刺のデザインから作成まで行う業者が多数ありますので、サイトなどから予算や対応などの口コミを参考にして、探してみるといいでしょう。このときですがパソコンで自分でも作るソフトなどがありますが、出来栄えとしてはイマイチであることから就活用の名刺として使用することはあまりおすすめしません。

パソコン名刺の業者に依頼する場合には、そのサイトにもいくつかのビジネス仕様のサンプルを確認することができるので、シンプルであることは一番ですが、自分らしさもあり、文字の大きさや色、名刺のサイズなどを意識して作るといいでしょう

自分でデザインに沿って、記載内容は書き込めて、出来上がりのサンプルが表示されるサイトもありますし、窓口となる担当者にアドバイスを受けることもできるでしょう。また、金額面でも学生向けもあることから、率先して名刺作りと行うといいでしょう。

就職活動では、リクルートファッションに身を包んだ人ばかりが大勢現れますので、採用担当者にとっては、誰も同じに見えてしまうことでしょう。他の人よりも一歩前に出たければ就活用名刺を作成してぜひ手渡してみましょう。


関連情報《名刺
就活用名刺の作成を依頼できる「デザイン名刺.net」です。

 

新入社員の最初の試練、名刺獲得キャンペーン

私の働いていた会社では、新入社員に名刺キャンペーンという企画を全員義務参加で行っていました。ルールは、自分の与えられたエリア内で2日間スタートから終了時刻までひたすら企業をまわり、名刺交換してくるというものです。そして一番獲得数が多かった人が優勝というものです。前日に各新人とチーフがエリア特性を活かしたもらい方やルートなどの作戦を練ります。例えば、飲食店街が多いエリアでは、前半は企業の多いエリアを回り、午後の仕込みが始まる頃から飲食店エリアを攻めるという作戦などです。まだ何も知らない真っ新な新人たちなので、あとは忍耐と根性だと思います。一日3回、状況報告の電話を入れることになっているのですが、その際に気弱な新人などは泣いていたり、もう無理と弱音を吐いたりしていますが、一方で負けず嫌いの頑張り屋などは、他の新人の状況などを聞いてライバル意識を燃やしていたりします。本当に新人によって全く違うので、見ていて勉強になります。当の本人たちは終了後、二度とやりたくないと言う人が大半ですが、このキャンペーンで知り合ったお客様と今でも良いお付き合いをしている人が非常に多いです。非常に厳しい企画ではあると思いますが、新人を鍛えるため、またお客様の大切さを学ぶ良い機会なのだと思います。

新入社員教育を兼ねた名刺作成のアイデア

名刺を作成す時は印刷業者に注文される会社がほとんどですが、発想を変えて、新入社員が初めて持つ名刺は新入社員教育を兼ねて新入社員自ら作成してみてはどうでしょうか。新入社員に対して教えないといけない事はたくさん有りますが、その中でチームメンバーと協力して一つのプロジェクトを成し遂げる事と愛社精神を持つ事に関して名刺作成を題材として教育してみてはどうでしょうか。ビジネスの中で名刺は、お客様に自分を紹介する第一歩で有り、自分が会社の一員で有る証になる大切な道具です。具体的には、新入社員をグループ分けして、グループ事にどの様な名刺を作れば、お客様に好印象を持ってもらえ印象に残るインパクトを与えられるか、そして会社のイメージを的確に表現出来、会社のイメージアップに繋がるかを検討させ、名刺作成ソフトを使用し自分達が使う名刺を実際に作成させるのです。そして、作成した名刺を使い名刺交換の練習を教えるのです。一番大事なポイントは、作成した中で優秀な物については新入社員研修終了後、各部署に配置されてからも使用を許可する事を伝えておく事です。こうする事によって、その場限りでなく真剣に作成に取り組ませる事が可能となります。

名刺を採用担当者に手渡す

就職活動では、多くの企業へ訪問をしますし、インターンシップで仕事の内容を確認する機会を得ることもありますが、そのようなタイミングでは、ゼミの先輩たちから社会人の友人を紹介されて、会社に勤めるための心得などを教えてもらうこともあるでしょう。そんな時に自分の学校名やゼミ名なども記載されている名刺を手渡されると、この学生は一味ちがうなと好印象を与えることにも繋がります。

名刺交換名刺を手渡すことは、社会人としても就職後に最初に教わるマナーですので、それを自ら学生時代から始めることに対して、いい意味で第一印象がよく見えることでしょう

名刺なんて就職してから作ってもらえるし、わざわざ自分のポケットマネーから作るなんておかしいでしょうという認識をお持ちであれば、この記事を読んで是非とも名刺を作成してほしいものです。

実は、企業訪問した際に、自分で作った就職活動用の名刺を手渡すことができるのです。担当してくださった採用担当者に自分の名前と学校名を覚えてもらう絶好のチャンスです。この名刺を手渡したからと言って、直接連絡が来ることなんてほぼ無いといえますが、それでも、社会への第一歩として、自分が入社するかもしれない会社の採用担当者に名刺を手渡すことができますので、優位に立てるかもしれません。

名刺交換時のマナーについて

名刺交換は社会人として働く上で多くの人が経験するものです。しかし新社会人や普段持ちなれていない人は戸惑ってしまいますよね。名刺交換のマナーとはどのようなものなのでしょう。まず名刺を差し出すのは訪問した側が先です。自己紹介をしながら両手で、相手が受け取った時にきちんと読める向きで差し出しましょう(自分から見て逆向きです)受け取る時ももちろん両手です。しかし名刺交換はお互いが同時に差し出す場面も多いものです。この場合はお互いが同時に両手で差し出す形になるので、同じタイミングで片手で受け取ります。そして自分の名刺が手を離れたらもう一方の手を頂戴した名刺に添えて両手で持ち直すのです。頂戴した名刺はきちんと目を通し丁重に扱いましょう。いきなりポケットにしまうなどは言語道断です。机があれば静かに置いておきましょう。商談などの区切りがついたら改めて両手で手に取り名刺入れにしまいます。また名刺は一度しか渡さないものというイメージもありますが、新しいものに交換した時などは再び渡すのがマナーです。

 

名刺の交換の仕方について

名刺の交換の仕方については、日本と海外ではかなりの違いがあるようである。日本の場合、まず初対面の相手に対しては、会った瞬間に名刺交換をすることが当たり前となっている。最初に名刺交換をしたうえで、相手の会社や仕事内容について会話を始めていくというパターンである。これに対して、海外では、大人数のパーティーなどの場面で、初対面の人に対しては最初に名刺交換はしないこともめずらしくない。名刺交換はせずに、一般的な話題について会話を交わして、その会話の結果、もう少し相手とお近づきになりたいという段階で初めて名刺交換を行うというパターンである。そのような場合においては、名刺交換をせずに相手の職業などが分からない段階でスムーズに会話を進めることのできる豊富な知識が必要となってくる。日本人はこのようなシチュエーションに慣れていないため、会話が続かない人が多いが、普段から様々なことに興味を持って引き出しを増やしておくことが重要である。

就職活動に名刺が必要

就職活動をする大学生にとっては、名刺を所持することも大切なステータスのようです。自分でもパソコンを用いることでデザインを選ぶこともできますし、オリジナリティ溢れる名刺を作ることが可能でしょう。しかし、就職活動用であれば、もっとビジネス的要素があれば、それだけやる気を伺うことが可能でしょう。

ところで、就職活動を略して就活と呼んでいますがそのために作成した名刺の使い道を確認してみましょう。まずは、一般的なサラリーマン同様に名刺交換からはじまります。サークルの集まりでOBが出席することがあれば、そこで名刺を渡すのです。もしかしたら、OBの人脈でいくつもの企業で働く採用担当者に自己紹介できる日程を決めて会う機会を与えてくれることもありますし、効率化を求めているのであれば、名刺交換していることで好感度がアップすることだってあり得るのです。

インターンシップインターンシップや職場訪問などで、スマートに名刺交換することができれば、かなり好印象を得ると思います。名刺を渡しつつ、自己紹介をすることができれば、名刺をもらった相手には、名前と顔をしっかりと覚えておいてもらいやすいとおもいます。

また、名刺交換することにより、名刺を渡す・しっかりと挨拶を交わすことなど社会人としてのビジネスマナーを学ぶことができるでしょう。

人脈を増やすには絶好のアピールポイントでしょう。横への繋がりもほどよくあることから、名刺を作成しておくといいでしょう。

セミナーに参加して名刺を交換する

名刺を交換する場所にいけば、交換をする機会が増えます。例えばセミナーです。同じ目的に沿って行動してきた人が集まっています。そのため、道を歩いている人よりも名刺の交換がしやすいです。同じ空間を共有したり、同じ空間を共有したりしていくと親近感も得ることができます。仕事をしていても、なかなか人とやり取りの機会が少ない職種もあります。いまのままで仕事が上手くいって情報を得たり、集客を行ったりしていくことができていればいいのですが、そうでないのであれば、自分から新しい場所に向かって行く事です。仕事は人が作ります。そのため、人と出会っていれば、仕事を得ることができます。自分のあった仕事を得ることが出来るためにも、より自分と共通の目的を持っている人と知り合っていくことが大事なのです。
合ったその場や、翌日に仕事を得ることができなく合ったとしても、時間を経て、相手方に問題が産まれて、連絡しなければならなくなった時に、連絡することが出来るきっかけを与えておくことが出来れば、その連絡を通じて仕事を得ることが出来るようになるのです。1つの角度から仕事を見るのではなく、さまざまな角度から仕事を見て、行動をしていくことです。

 

挨拶の名刺交換について感じること

挨拶の名刺交換について、お話します。私は職場で名刺を使っています。それは、誰かに挨拶をするときに、名刺をその方に、あげているのです。今の会社では、名刺交換は当たり前のこととして行われています。そして、その名刺交換をした中に、大変印象深い名刺を、頂くことがあります。それは、顔写真は載せられた名刺などです。顔写真があるものは、その人をすぐに、思い出すことができるため、このような名刺は、大変いいと感じています。そして、また、その中に、その地方の名産などが、書かれていることもあります。それは、その地方の宣伝になるため、それを交換することによって、そのあげた人に、その地方のことを知ってもらうことができます。このように、小さい名刺の中にたくさんのメッセージが含まれていて、それをもらうことによって、その沢山のメッセージも、その人に伝えることができるため、小さな広告ともいえます。それをもらうことは、楽しみでもあるのです。