就活名刺の作成で業者への依頼

就職活動に名刺が必要

就職活動をする大学生にとっては、名刺を所持することも大切なステータスのようです。自分でもパソコンを用いることでデザインを選ぶこともできますし、オリジナリティ溢れる名刺を作ることが可能でしょう。しかし、就職活動用であれば、もっとビジネス的要素があれば、それだけやる気を伺うことが可能でしょう。

ところで、就職活動を略して就活と呼んでいますがそのために作成した名刺の使い道を確認してみましょう。まずは、一般的なサラリーマン同様に名刺交換からはじまります。サークルの集まりでOBが出席することがあれば、そこで名刺を渡すのです。もしかしたら、OBの人脈でいくつもの企業で働く採用担当者に自己紹介できる日程を決めて会う機会を与えてくれることもありますし、効率化を求めているのであれば、名刺交換していることで好感度がアップすることだってあり得るのです。

インターンシップインターンシップや職場訪問などで、スマートに名刺交換することができれば、かなり好印象を得ると思います。名刺を渡しつつ、自己紹介をすることができれば、名刺をもらった相手には、名前と顔をしっかりと覚えておいてもらいやすいとおもいます。

また、名刺交換することにより、名刺を渡す・しっかりと挨拶を交わすことなど社会人としてのビジネスマナーを学ぶことができるでしょう。

人脈を増やすには絶好のアピールポイントでしょう。横への繋がりもほどよくあることから、名刺を作成しておくといいでしょう。

セミナーに参加して名刺を交換する

名刺を交換する場所にいけば、交換をする機会が増えます。例えばセミナーです。同じ目的に沿って行動してきた人が集まっています。そのため、道を歩いている人よりも名刺の交換がしやすいです。同じ空間を共有したり、同じ空間を共有したりしていくと親近感も得ることができます。仕事をしていても、なかなか人とやり取りの機会が少ない職種もあります。いまのままで仕事が上手くいって情報を得たり、集客を行ったりしていくことができていればいいのですが、そうでないのであれば、自分から新しい場所に向かって行く事です。仕事は人が作ります。そのため、人と出会っていれば、仕事を得ることができます。自分のあった仕事を得ることが出来るためにも、より自分と共通の目的を持っている人と知り合っていくことが大事なのです。
合ったその場や、翌日に仕事を得ることができなく合ったとしても、時間を経て、相手方に問題が産まれて、連絡しなければならなくなった時に、連絡することが出来るきっかけを与えておくことが出来れば、その連絡を通じて仕事を得ることが出来るようになるのです。1つの角度から仕事を見るのではなく、さまざまな角度から仕事を見て、行動をしていくことです。

 

挨拶の名刺交換について感じること

挨拶の名刺交換について、お話します。私は職場で名刺を使っています。それは、誰かに挨拶をするときに、名刺をその方に、あげているのです。今の会社では、名刺交換は当たり前のこととして行われています。そして、その名刺交換をした中に、大変印象深い名刺を、頂くことがあります。それは、顔写真は載せられた名刺などです。顔写真があるものは、その人をすぐに、思い出すことができるため、このような名刺は、大変いいと感じています。そして、また、その中に、その地方の名産などが、書かれていることもあります。それは、その地方の宣伝になるため、それを交換することによって、そのあげた人に、その地方のことを知ってもらうことができます。このように、小さい名刺の中にたくさんのメッセージが含まれていて、それをもらうことによって、その沢山のメッセージも、その人に伝えることができるため、小さな広告ともいえます。それをもらうことは、楽しみでもあるのです。