就活名刺の作成で業者への依頼

名刺を採用担当者に手渡す

就職活動では、多くの企業へ訪問をしますし、インターンシップで仕事の内容を確認する機会を得ることもありますが、そのようなタイミングでは、ゼミの先輩たちから社会人の友人を紹介されて、会社に勤めるための心得などを教えてもらうこともあるでしょう。そんな時に自分の学校名やゼミ名なども記載されている名刺を手渡されると、この学生は一味ちがうなと好印象を与えることにも繋がります。

名刺交換名刺を手渡すことは、社会人としても就職後に最初に教わるマナーですので、それを自ら学生時代から始めることに対して、いい意味で第一印象がよく見えることでしょう

名刺なんて就職してから作ってもらえるし、わざわざ自分のポケットマネーから作るなんておかしいでしょうという認識をお持ちであれば、この記事を読んで是非とも名刺を作成してほしいものです。

実は、企業訪問した際に、自分で作った就職活動用の名刺を手渡すことができるのです。担当してくださった採用担当者に自分の名前と学校名を覚えてもらう絶好のチャンスです。この名刺を手渡したからと言って、直接連絡が来ることなんてほぼ無いといえますが、それでも、社会への第一歩として、自分が入社するかもしれない会社の採用担当者に名刺を手渡すことができますので、優位に立てるかもしれません。