就活名刺の作成で業者への依頼

名刺を採用担当者に手渡す

就職活動では、多くの企業へ訪問をしますし、インターンシップで仕事の内容を確認する機会を得ることもありますが、そのようなタイミングでは、ゼミの先輩たちから社会人の友人を紹介されて、会社に勤めるための心得などを教えてもらうこともあるでしょう。そんな時に自分の学校名やゼミ名なども記載されている名刺を手渡されると、この学生は一味ちがうなと好印象を与えることにも繋がります。

名刺交換名刺を手渡すことは、社会人としても就職後に最初に教わるマナーですので、それを自ら学生時代から始めることに対して、いい意味で第一印象がよく見えることでしょう

名刺なんて就職してから作ってもらえるし、わざわざ自分のポケットマネーから作るなんておかしいでしょうという認識をお持ちであれば、この記事を読んで是非とも名刺を作成してほしいものです。

実は、企業訪問した際に、自分で作った就職活動用の名刺を手渡すことができるのです。担当してくださった採用担当者に自分の名前と学校名を覚えてもらう絶好のチャンスです。この名刺を手渡したからと言って、直接連絡が来ることなんてほぼ無いといえますが、それでも、社会への第一歩として、自分が入社するかもしれない会社の採用担当者に名刺を手渡すことができますので、優位に立てるかもしれません。

名刺交換時のマナーについて

名刺交換は社会人として働く上で多くの人が経験するものです。しかし新社会人や普段持ちなれていない人は戸惑ってしまいますよね。名刺交換のマナーとはどのようなものなのでしょう。まず名刺を差し出すのは訪問した側が先です。自己紹介をしながら両手で、相手が受け取った時にきちんと読める向きで差し出しましょう(自分から見て逆向きです)受け取る時ももちろん両手です。しかし名刺交換はお互いが同時に差し出す場面も多いものです。この場合はお互いが同時に両手で差し出す形になるので、同じタイミングで片手で受け取ります。そして自分の名刺が手を離れたらもう一方の手を頂戴した名刺に添えて両手で持ち直すのです。頂戴した名刺はきちんと目を通し丁重に扱いましょう。いきなりポケットにしまうなどは言語道断です。机があれば静かに置いておきましょう。商談などの区切りがついたら改めて両手で手に取り名刺入れにしまいます。また名刺は一度しか渡さないものというイメージもありますが、新しいものに交換した時などは再び渡すのがマナーです。

 

名刺の交換の仕方について

名刺の交換の仕方については、日本と海外ではかなりの違いがあるようである。日本の場合、まず初対面の相手に対しては、会った瞬間に名刺交換をすることが当たり前となっている。最初に名刺交換をしたうえで、相手の会社や仕事内容について会話を始めていくというパターンである。これに対して、海外では、大人数のパーティーなどの場面で、初対面の人に対しては最初に名刺交換はしないこともめずらしくない。名刺交換はせずに、一般的な話題について会話を交わして、その会話の結果、もう少し相手とお近づきになりたいという段階で初めて名刺交換を行うというパターンである。そのような場合においては、名刺交換をせずに相手の職業などが分からない段階でスムーズに会話を進めることのできる豊富な知識が必要となってくる。日本人はこのようなシチュエーションに慣れていないため、会話が続かない人が多いが、普段から様々なことに興味を持って引き出しを増やしておくことが重要である。