就活名刺の作成で業者への依頼

名刺作成業者に依頼する

就職活動用に名刺を作成するには、どのようなデザインが好ましいのでしょうか。

プライベートであれば、可愛いデザインでもいいのですが、就活用では論外でしょう。就活=社会への第一歩であることからも、ビジネスとしてのデザインに着目するといいでしょう。

名刺のデザインから作成まで行う業者が多数ありますので、サイトなどから予算や対応などの口コミを参考にして、探してみるといいでしょう。このときですがパソコンで自分でも作るソフトなどがありますが、出来栄えとしてはイマイチであることから就活用の名刺として使用することはあまりおすすめしません。

パソコン名刺の業者に依頼する場合には、そのサイトにもいくつかのビジネス仕様のサンプルを確認することができるので、シンプルであることは一番ですが、自分らしさもあり、文字の大きさや色、名刺のサイズなどを意識して作るといいでしょう

自分でデザインに沿って、記載内容は書き込めて、出来上がりのサンプルが表示されるサイトもありますし、窓口となる担当者にアドバイスを受けることもできるでしょう。また、金額面でも学生向けもあることから、率先して名刺作りと行うといいでしょう。

就職活動では、リクルートファッションに身を包んだ人ばかりが大勢現れますので、採用担当者にとっては、誰も同じに見えてしまうことでしょう。他の人よりも一歩前に出たければ就活用名刺を作成してぜひ手渡してみましょう。


関連情報《名刺
就活用名刺の作成を依頼できる「デザイン名刺.net」です。

 

新入社員の最初の試練、名刺獲得キャンペーン

私の働いていた会社では、新入社員に名刺キャンペーンという企画を全員義務参加で行っていました。ルールは、自分の与えられたエリア内で2日間スタートから終了時刻までひたすら企業をまわり、名刺交換してくるというものです。そして一番獲得数が多かった人が優勝というものです。前日に各新人とチーフがエリア特性を活かしたもらい方やルートなどの作戦を練ります。例えば、飲食店街が多いエリアでは、前半は企業の多いエリアを回り、午後の仕込みが始まる頃から飲食店エリアを攻めるという作戦などです。まだ何も知らない真っ新な新人たちなので、あとは忍耐と根性だと思います。一日3回、状況報告の電話を入れることになっているのですが、その際に気弱な新人などは泣いていたり、もう無理と弱音を吐いたりしていますが、一方で負けず嫌いの頑張り屋などは、他の新人の状況などを聞いてライバル意識を燃やしていたりします。本当に新人によって全く違うので、見ていて勉強になります。当の本人たちは終了後、二度とやりたくないと言う人が大半ですが、このキャンペーンで知り合ったお客様と今でも良いお付き合いをしている人が非常に多いです。非常に厳しい企画ではあると思いますが、新人を鍛えるため、またお客様の大切さを学ぶ良い機会なのだと思います。

新入社員教育を兼ねた名刺作成のアイデア

名刺を作成す時は印刷業者に注文される会社がほとんどですが、発想を変えて、新入社員が初めて持つ名刺は新入社員教育を兼ねて新入社員自ら作成してみてはどうでしょうか。新入社員に対して教えないといけない事はたくさん有りますが、その中でチームメンバーと協力して一つのプロジェクトを成し遂げる事と愛社精神を持つ事に関して名刺作成を題材として教育してみてはどうでしょうか。ビジネスの中で名刺は、お客様に自分を紹介する第一歩で有り、自分が会社の一員で有る証になる大切な道具です。具体的には、新入社員をグループ分けして、グループ事にどの様な名刺を作れば、お客様に好印象を持ってもらえ印象に残るインパクトを与えられるか、そして会社のイメージを的確に表現出来、会社のイメージアップに繋がるかを検討させ、名刺作成ソフトを使用し自分達が使う名刺を実際に作成させるのです。そして、作成した名刺を使い名刺交換の練習を教えるのです。一番大事なポイントは、作成した中で優秀な物については新入社員研修終了後、各部署に配置されてからも使用を許可する事を伝えておく事です。こうする事によって、その場限りでなく真剣に作成に取り組ませる事が可能となります。